人気ブログランキング |

牛肉のタリアータ

昨日、半値になっていた分厚いステーキ肉を買いました。
すりおろしたたまねぎとオリーブオイルでマリネしておきました。

今日は、例によって「低温調理器」58度で1時間です。
その後、バターたっぷりのフライパンでじゃっと両面を焼きました。


「タリアータ」というのは「薄切り」という意味だそうです。
たった1枚のステーキ肉も
薄切りにすれば7人でも食べられます!うふふ♪
d0377645_23080276.jpg


お肉の断面を見てくださいませ。
d0377645_23080684.jpg
お肉は赤いのに,しっかりと熱が通っているんです。
低温調理バンザイ!

お皿の底には,細ねぎ炒めをしいて肉を並べました。
きのこをバターで炒めてバルサミコで仕上げたソースをかけました。
両側には、昨日作ったパプリカのエスカリバーダを並べて
削ったパルメジャーノ・レッジャーノのせました。


このパルメジャーノを削ってくれたのは4歳児です。
d0377645_23081197.jpg
上手に、くるんと長く削ってくれました!

削るそばから,2歳児が手を出して食べてしまうんですよ(笑)




あとは、うちの野菜のサラダ
d0377645_23082067.jpg



キッチンにアルもん「ミネストローネ」
d0377645_23082378.jpg


順序が逆になりましたが
今日の前菜は,もちろんピッツァ3種。
d0377645_23081754.jpg





お買い物へ行かずにごはんの支度をしたので
お皿の力を借りました。
d0377645_23082701.jpg

お嬢たちは「momちゃんマジック!」と言うてくれました(爆)

にほんブログ村 料理ブログへ


# by t_hcmoto | 2019-05-23 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(4)

ピサラディエール(アンチョビ・飴色たまねぎ・黒オリーブのピザ)

フランスのピッツァを2種作ってみました。

イタリアのピッツァとの違いは,トマトソースを使わないことです。


まずは、南仏の「ピサラディエール」
飴色になるまで炒めたたまねぎとアンチョビ、黒オリーブのピッツァです。

もう一つは、「タルト・フランベ」
フランスは,アルザス地方のピッツァです。
チーズは、フロマージュブランを使うことが多いようなのですが
そんなの手に入らないので・・・・・サワークリーム使いました。
薄切りたまねぎとベーコンです。
d0377645_02111482.jpg

飴色たまねぎは
キッチンにiPadを持ち込んで
小栗旬さんの「BORDER」をAmazonPrimeで見ながらやったので
1時間ぐらい・・・・全然退屈しないでできました!
d0377645_08454663.jpg



もう一つ
タルト・フランベのバリエーションで「りんご」バージョン
d0377645_02112437.jpg


焼き上がりに「はちみつ」かけて食べます。


誰か帰ってきたら
250度で10分焼いて仕上げようと思っていたら
あらら
みんな「ごはんいらない」そうで・・・・

えっ!↑このピッツァどないすんねん?



小さい人の家族も
2歳児がお熱出たそうで・・・今晩は来ないそうで・・・・




ほたてのジェノべーゼ焼きもしたし
d0377645_02112777.jpg

パプリカピーマンを黒くなるまで焼いて
皮をむいてマリネにしたし(エスカリバーダ)
d0377645_02113110.jpg






とりあえず
お風呂入って
「BORDER」の続きを見ようっと・・・・・・







にほんブログ村 料理ブログへ


# by t_hcmoto | 2019-05-22 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(8)

しみじみ地味滋味「山菜ばら寿司」

しみじみ地味滋味「山菜ばら寿司」です。
d0377645_22345455.jpg

とっても手をかけたのですけど
仕上がりは・・・地味滋味145.png

すし飯にはひじきの炊いたんを混ぜて、
上には、わらびと油揚げ煮、野ぶきの青煮,花山椒をのせました。




揚げなす、揚げれんこん、揚げ絹さやの味噌炒め
d0377645_22350475.jpg
なんてことない組み合わせなんですけど・・・・美味しい!




先日の「アイリッシュ・シチュウ」が残っていたので
それに、さらにマッシュポテトを加えて「コロッケ」に仕立てました。


d0377645_22350192.jpg
「肉じゃがコロッケ」みたいなノリです。

「コロッケ」って、作るの大変なのに
できあがったら「ああぁコロッケね」みたいな軽い扱いをされるんですよ。
だから、あんまり作りません。
でも、今日は残り物リメイクで作りました。
幸いなことに、みんな「めっちゃ美味しい♪」と言ってくれたので救われました。
25個も揚げたのに、全部なくなりました149.png






しみじみ地味滋味食卓
d0377645_22350723.jpg




にほんブログ村 料理ブログへ


# by t_hcmoto | 2019-05-21 09:00 | ごはん「和」 | Comments(2)

わらびおこわ

あく抜きしたわらびを、おこわに仕立てました。
d0377645_23103996.jpg
水につけておいたもち米をせいろで10分蒸して
いったん取り出して塩水にどぼん。
再び蒸し布にのせて、わらびものせて,さらに10分蒸しました。

d0377645_23104480.jpg
お嬢その1が「水煮のわらびじゃないよぉ~~~」と感動しておりました。
やっぱ、歯触りが全然違います。



ツブ貝ともみじガがさ、たけのこの姫皮のおひたし
d0377645_23105201.jpg

冷や奴(きのこの旨煮と花山椒のせ。白ごま油)
d0377645_23110552.jpg

ひじき煮
d0377645_23110243.jpg

だし巻き(枝豆)
d0377645_23105721.jpg


お造り3種盛り(甘えび、さより、ほたて)
d0377645_23104917.jpg
北海道のhitoshiさんが
「ほたては,手で縦に裂いて食べると美味しい」と教えてくださったので・・・・
いつもは、見栄えを考えて横にスライスしておりました。
おおぉ~~、こっちの方が食感がいいです!



うちの畑の初収穫「そら豆」
魚焼きグリルで10分焼きました。
d0377645_23110872.jpg
うむむむ・・・・収穫するには、ちょっと早かったかも・・・148.png



お箸置きも「そら豆」にしました。
d0377645_23111261.jpg





食卓
d0377645_23111697.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ


# by t_hcmoto | 2019-05-20 09:00 | ごはん「和」 | Comments(4)

山菜ごはん

bossからもらった山菜を総動員しました。

まずは、にしんと山うどの炊いたん
d0377645_15444968.jpg

これは、山のお料理です。
流通が悪かったその昔、山深いところで手に入るお魚と言えば「身欠きニシン」だったそうです。
「山うどの季節によく食べた」とbossが言うてはりました。


もみじがさとほたるいか
d0377645_15445798.jpg
ちびっこだったほたるいかが、でぶくなってきました。
そろそろ、シーズンも終わりです。

お煮染め(たけのこ、わらび、糸こんにゃく、厚揚げ)
d0377645_15445358.jpg

たけのこごはん
d0377645_15450026.jpg





食卓に、4歳児のごはんがのっていて「写真撮るからお片付けしてください」って頼んだら
「これも撮って!」と申しますので・・・
d0377645_15450541.jpg
この写真を見せたら、納得してお片付けしてくれました。
食卓
d0377645_15450816.jpg





お料理教室に来てくださっているかよこさんがオーストラリアへお出かけだったそうで
おみやげ買ってきてくださいました。
d0377645_15451470.jpg
日本にはまだ入っていない人気ブランドの紅茶です。
紅茶大好きのお嬢その1は、大喜びで早速にちょうだいしておりました。
右の「フレンチアールグレイ」は、飲んだことのない不思議な香りで美味しい113.png
かよこさん! ありがとうございます♪




# by t_hcmoto | 2019-05-19 09:00 | ごはん「和」 | Comments(4)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る