北海道旅日記6「日本料理 紀伸」編

長くお付き合いいただいた「北海道旅日記」最終編でございます。

今回の旅で、
一番北海道らしい正統派のお料理をいただいたのは「紀伸」さんでした。



時間が戻ってしまうのですが
釧路に着いたその夜、日本料理「紀伸」さんへ連れて行ってもらいました。

住宅街の中に、ひっそりと建っているお店でした。
d0377645_16171003.jpg

「ミシュラン☆」と伺っていたので、どれほど格式高いお店かと思っていたら・・・・・
大将も女将さんも、とっても気さくで柔らかい印象で・・・・・一気にくつろいでしまいました。


先付け(北海しまえび、ツブ貝の梅肉和え、卵トマト)
d0377645_16173060.jpg
この先付のために、木箱から赤い塗りのお皿が出てきました。茶道具の「楪子ちゃつ」でした。



あさりのしんじょ椀(粗びき黒胡椒)
連れて行ってくれたJは、しきりにこの「白髪ねぎ」の出来に感心しておりました。
たぶん、ねぎの裏側のぬめりのある薄皮を取り除いてから刻んであったのだろうと思います。
歯触りが違うんですよ。
(これから正統派の日本料理がたのしめるぞ!)ってワクワク感いっぱいになりました。
d0377645_16174321.jpg



お造り
たんたか(松皮かれい)、ぼたんえび、ほっき貝
d0377645_16175112.jpg
「たんたか」は、「カレイの王様」にふさわしい白身でしたよ。
きゅうりが、蝶々の形に切ってありました。
ツマも全部美味しくて食べてしまいました。




アブラボウズの味噌漬け焼き(うにみそ卵)
d0377645_16180047.jpg
大将は、その場でささっと笹切りしてはりました。すごいね!
(わたしは、立ち上がってカウンターの中をのぞいて、大将の手元まな板を見てました。笑)


めんめ(キンキ)のから揚げ(野菜あんかけ)
d0377645_16180828.jpg
頭も骨もヒレもカリカリ!、もちろん全部食べてしまいました。




ローストビーフの味噌漬け
d0377645_16183271.jpg
うっとりのお肉でした!



タラバガニの砧巻き(黄身酢)
d0377645_16184314.jpg
和食の技ですよねぇ~~~。



〆は、沢煮椀にごま素麺が入っていました。
d0377645_16185411.jpg

食べごろの甘いメロン。
d0377645_16190446.jpg


女将さんが美味しい日本酒を注いでくださって
大将のお料理と阿吽の呼吸でした。

そうそう
お店の名前「紀伸」は、
女将さんと大将のお名前から1字ずつ取ってつけたものなんだそうです。



初めて伺ったのに、お料理のお話をたくさんしてくださってホント楽しかったです。

大将の渡部(わたべ)さんです。
d0377645_16185978.jpg


ぜひまた伺いたいと心から思いました。






「北海道旅日記」お付き合いいただきありがとうございました。
これにておしまい!おしまい!




素敵な企画を立ててくれたJ! 本当にありがとうございました。
おかげで、美味しくて楽しい旅になりました。
昆布関連でお世話になった方々へもお礼申します。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
Commented by cenepaseri at 2018-07-28 19:18
これはもう良い所に行枯れましたね、お料理も大変美味しそうです。遠いので中々行けるところではないですね。
娘婿は釧路育ちですが、父親の転勤なので、親戚は有りません。でも機会があれば行きたいです。その前に、かがやき号で金沢に行きたいです。
Commented by t_hcmoto at 2018-07-28 22:45
☆ぱせりさん ありがとうございます(^^♪
 昆布のお仕事半分遊び半分で、何度も釧路へ行かせてもらっています。
 道東は、本当に美しくて美味しいですよ(笑)

 金沢も、東京から近くなりました。
 ぜひにおいでくださいませ。
 全力でご案内いたします!(きっぱり)
by t_hcmoto | 2018-07-28 09:00 | 旅日記 | Comments(2)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る