人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

登志子のキッチン

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

全粒粉で「2種のたまねぎパイ」

フランスの南と北のピッツァをまねて
ピザ生地ではなく
全粒粉を混ぜた「パイ生地」で作りました。
全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00452736.jpg


南の「ピサラディエール」
飴色に炒めたたまねぎと、アンチョビ、オリーブ
全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00453811.jpg


全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00455721.jpg


北の「タルト・フランベ」
フロマージュブランを塗って、薄切りたまねぎとベーコンのせて
黒胡椒をしっかり挽く。
(フロマージュブランなどないので・・・サワークリームを使いました)
全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00454268.jpg

全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00455348.jpg








全粒粉で「2種のたまねぎパイ」

パイ生地 <作り方>
      A全粒粉60g 薄力粉60g 塩小さじ1/4
      Bバター(角切り)100g 氷水大さじ3と1/2
     <作り方>
      Aをフードプロセッサーに入れてざっと攪拌する。
      Bを加えて、ようやっとまとまる程度まで混ぜる。
      打ち粉(分量外)をふった台の上にとりだし、厚さ2cmぐらいに成形する。
      ラップに包んで1時間ぐらい冷蔵庫で休ませる。

      パイ生地は、天板に合わせて四角く伸ばす。
      フォークでなどでピケする(穴を開ける)


南の「ピサラディエール」
      生地の上に、飴色に炒めたたまねぎを広げ、アンチョビペーストを所々のせる。
      200度に予熱しておいたオーブンで30分ぐらい焼く。

北の「タルト・フランベ」
      生地の上にフロマージュブランを塗る。(クリームチーズやサワークリームで代用)
      たまねぎの薄切りとベーコンを散らし、黒胡椒をたっぷりと挽く。
      200度に予熱しておいたオーブンで30分ぐらい焼く。




(1)「日清製粉グループ×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています。
(2)「日清 全粒粉」をモニタープレゼントされました。

フードプロセッサーで「全粒粉のケークサレ」_d0377645_00370481.jpg

「全粒粉で作る夏のかんたんおつまみ」

 
      

全粒粉で「2種のたまねぎパイ」_d0377645_00454855.jpg


Commented by hitoshi-kobayashi at 2022-06-29 11:32
「タルトフランベ」
ススキノの女性シェフのレストランで食べました。
美味しいですよね。
登志子さんのブログを読んで、急に食べたくなりました。
Commented at 2022-06-29 15:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t_hcmoto at 2022-06-29 21:35
> hitoshiさん ありがとうございます♪
 シンプルなのに、しみる味わいですよね!
Commented by t_hcmoto at 2022-06-29 21:41
> 15:41の鍵コメさん ありがとうございます♪
 そちらへ伺いますね。
by t_hcmoto | 2022-06-29 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(4)