人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

よだれ鶏と香菜

今日は、お嬢その2の誕生日です。
彼女の好きそうな中華のお皿を並べました。

まずは「よだれ鶏」
何度か書いていますけど、鶏肉を一晩炭酸水に漬けておくんです。(塩も少々)
それを翌日20分蒸します。
たったこれだけなんですけど
びっくりする食感になるんです。
単純に「やわらかい」というのではなくて「しっとり感」がハンパないのです。
説明するのが難しいので、ぜひ一度お試しくださいませ。
d0377645_23371994.jpg
うちのプランター育ちの「香菜(パクチー)」をたっぷりと添えます。

「よだれ鶏」というお料理は「たれ」が決め手なんですよね。
むふふ
わたしは、美味しい「たれ」を持っているのです。
d0377645_23372664.jpg


「慶」の梁シェフが作ってくださったものなんです。
これさえあれば、一気に「中華銘菜」でございますよ。


先日、北海道で買ってもらった・・・・冷凍「ほたて貝柱」
d0377645_23373257.jpg
中華風のカルパッチョに仕立てました。
d0377645_23373678.jpg
香菜の花とクコの実をのせて、白だしとごま油かけました。


中華冷奴
d0377645_23374122.jpg
美味しいお豆腐の上に、メンマ、しょうがせん切り、フルーツトマト、細ねぎのせます。




白ゴーヤの炒め物(たけのこ、きくらげ、にんじん、細ねぎ)
d0377645_23374695.jpg



「爆川(パオ チュアン)」揚げ魚と春雨の煮込み
d0377645_23375031.jpg
わたしの得意料理です。
わたりがに、えび、白身魚などを揚げて、豆鼓をきかせて春雨と煮込みます。
春雨を戻す段階から、鶏ガラスープを使います。
これね・・・・揚げたお魚よりも春雨の方がずっと美味しんですよ。
いろんな味を吸った春雨は最高です。
みんな、春雨から食べていきます。






半日かけて煮込んだ中華粥
d0377645_23375652.jpg
洗ったもち米に、10倍の鶏ガラスープを入れて弱火で炊きます。
最初から、塩とごま油も入れます。
特別なことはしてないのに、絶品でございますよ。






食卓 
d0377645_23380138.jpg

中華だから「ロゼのスパークリングだよね」って冷やしておいたのに
今晩に限って、だんさんの帰りが遅くて・・・・


お嬢!
お誕生日おめでとう162.png



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-31 09:00 | ごはん「中」 | Comments(12)

アルモンデ細巻き

冷蔵庫に「アルモンデ細巻き」してみました。

みょうがのピクルス、コリンキー(生食かぼちゃ)のおこうこ、葉唐辛子の佃煮
d0377645_22285848.jpg








あとも、冷蔵庫にアルモンデ!

白ゴーヤとコリンキーのおこうこ(塩糀漬け)
d0377645_22283936.jpg


大根の皮のきんぴら
d0377645_22284878.jpg
これね・・・皮だと馬鹿にしないでほしい。 なかなかどうして美味しいのです!





加賀野菜の「金時草」


おひたし地に少しだけお酢を混ぜると、アントシアニンが赤くなります。
d0377645_22282836.jpg




ちょっとだけの鰺のお造りをオクラと和えました。
d0377645_22283449.jpg




おから(にんじん、きざみ昆布、あさり)
d0377645_22282456.jpg
あさりは、冷凍のむき身。
「おからパウダー」というものものがあるので、いつだって作ることができます。



う~~む
冷蔵庫はかなりすっきり片付いたのですけど
食卓が・・・・やっぱ・・・・しょぼかった145.png


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-30 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

昆布のお話

北海道から、今年の新物「棹前昆布」が届きました。
昆布森産の1等品です。


とか書いたって(それ、何のこと?)状態ですよね。



10年ぐらい前のわたしは
昆布なんて
冬の湯豆腐の時とお雑煮のだしぐらいにしか使ってませんでした。
あまりなじみのない食材だったんです。

ところが
ひょんなことから、北海道の昆布屋さんとご縁ができました。
昆布の種類を習ったり、味や使い方の違いも教わりました。
実際に、昆布漁師さんの所へも伺ってじっくりお勉強もしてきました。
木曽さんです。いまでは、ほとんど親戚のおじさんみたいなお付き合いです。
うちのお嬢たちは「木曽じぃ」と呼んでおります。
知れば知るほど「昆布は素晴らしい」ということがわかってきました。
今では、数種類の昆布がキッチンに並んでいて、毎日のお料理に活躍しています。
昆布のないお料理は考えられないほどです。


HPで昆布料理をご紹介したり(現在、このHPは工事中です)
昆布生産日本一の北海道浜中町で昆布のお料理教室をさせていただいたり
北海道へ昆布の視察に来られたVIPにお料理作ったりと・・・・
北海道へは行ったこともなかったのに
「お仕事半分、観光半分」で、何度も出かけるようになりました。
道東は、かなり詳しくなりましたよ。





で、冒頭の「棹前昆布」に戻ります。

たぶん、みなさまあまりご存知ないだろうと思うのですが
昆布にも「禁漁期」や「解禁」があるんですよ。
(漁期は、平均して1年で20日ぐらいしかありません)

通常の昆布漁が始まるよりも早い時期(6月末)に採ったのが「棹前昆布」です。
昆布は、小舟に乗って「棹」で採ります。
成長した昆布の昆布漁解禁を「棹入れ」というため
その時期よりも前に採ったから「棹前昆布」と呼ばれているんです。

特徴は、やわらかくて厚さが薄いことです。
「だしを取る」というよりは、野菜みたいに気軽に煮て「食べる昆布」です。
「早煮昆布」という商品名だったりします。

昆布は、同じ産地でも
葉の厚みや幅(大きさ)によって選別されていきます。
長さがそろっていて見栄えがよいのが「1等」です(当然お値段も高いです)
昆布の検品の様子(借り物画像)
d0377645_16442525.jpg

↑この写真のように、昆布は105cmに切りそろえて出荷されるのです。






で、また冒頭の「棹前昆布」に戻ります。
今回は、その105㎝のままのものが送られてきたんですよ。
どんくらい長いかというとね
d0377645_16443778.jpg
3歳児は、身長104cmなんだそうです。

3歳児は、わたしに鍛えられていますから(爆)
この昆布を持って「いいにおいぃ~~~」ってうっとりして言うのです。
お~~~し! キミの味覚は大丈夫だからね!




昆布って、特別なものじゃないんですよ。
お料理本を見ると、何やかやと難しいこと書いてありますけど
まずは「水だし」なさってみてください。
昆布を水につけて冷蔵庫に一晩おいておくだけです。
この「昆布水」を使って、いろいろお試しくださいませ。

例えば、「ほうれん草のおひたし」
普通は、ゆでたほうれん草にお醤油とおかかで「おひたし」って言ってますよね。
でも・・・・それって全然浸ってないし・・・・
ゆでたほうれん草を「昆布水」で洗って、お醤油と昆布水にひたしてみてくださいませ。
「料亭のおひたし」になりますよ。
「だし巻き」も、ぜひにこの昆布水を入れて巻いてくださいませ。

ご飯を炊くときにもこの昆布水を使ってほしいし
お味噌汁はもちろんです。

厄介な作業はいりません。
ただ、昆布を一晩水につけておくだけです。
最近話題の「微量ミネラル」も、ごはん食べてお味噌汁吸うてるだけで摂ることができます。


昆布の話は、どんだけでもできます。
でも、今日はここまで。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-29 09:00 | あれこれ | Comments(8)

塩豚ダッチオーブン焼き

しなければいけないPCワークがあって・・・
お買い物へ行く余裕がありませんでした。
と、言い訳しておいて(いつもこのパターンですよね148.png

プリモピアット(一番目のお皿)
パスタ(スモークサーモンのクリームソース)
d0377645_22252262.jpg




冷蔵庫にあったお野菜あれこれ
何でもかんでも炒めてみました。
d0377645_22251837.jpg

コーン缶を使ったスープ
d0377645_22252791.jpg


次は、
いつ使ってもいいかなって仕込んでおいた「塩豚」。
ダッチオーブンで焼きました。
ついでに、うちの畑のちびっこじゃがいもも入れました。
d0377645_22251432.jpg

「塩」と「時間」のチカラってすごいです。
お肉がとっても柔らかく焼きあがります。

d0377645_22253491.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-28 22:33 | ごはん「洋」 | Comments(6)

バジルとトマトの牛肉巻きしゃぶ

いつも帰りが遅いお嬢その1が、午後からお休みでした。
それで
「お夕飯に何か食べたい系ありますか?」と尋ねましたところ 
即答で「お鍋!
えっ!この暑いのに!



それでは・・・・軽めの「しゃぶしゃぶ」なんぞいたしましょう!

夏のお鍋ですので…バジルとトマトを使いましょう!

d0377645_23400875.jpg


牛肉に巻いて「巻きしゃぶ
d0377645_23401311.jpg


これを、昆布だしに入れて
表面の色が変わったくらいで引き上げます。
牛肉ですので、半生くらいが美味しいです。
d0377645_23404160.jpg


湯豆腐用の網が便利でした。
d0377645_23402070.jpg


ポン酢には、オリーブオイルを垂らします。
d0377645_23402317.jpg
だんさんは、にんにくのみじん切りも入れてました。パンチききます!


このポン酢に、お肉をつけてあんぐり!
d0377645_23404731.jpg

お口の中で、バジルのスパイシーさとフルーツトマトの甘味と酸味が混ざります!
美味しい110.png








この夏は、本当に暑くていろんなハーブがヘロヘロになっています。
ところがなぜか! バジル元気です!
プランター育ち。
d0377645_23495172.jpg

花壇の隅の地植え。
d0377645_23494859.jpg

なんと!まだこんなに立派な苗も残っています。。
d0377645_23495665.jpg

「ほうれん草のソテー」みたいに「バジルのソテー」食べています。
緑黄色野菜ですよね!




今日のお料理教室でも「ジェノベーゼ(バジルのペースト)」作りました。
うちの自慢の無農薬バジルですから・・・・絶対に安心です。

今日いらしてくださったのはKAYOKOさんです。
毎月欠かさず来てくださいます。
おうちで、本当にたくさん再現して作ってくださっています。
今日ちょうだいした感動のお言葉。
「先生は、人生で会えてよかった人ベスト3に入ります」
涙出そうでした! うるうる
ありがとうございます(´;ω;`)









あとは、豆腐のサラダとじゃこ入り雑穀米のおむすび。
d0377645_23403219.jpg

d0377645_23402739.jpg


お嬢その1は大満足でございましたとさ。



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-28 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(8)

Summer Party 2018

ジャルダン・ポール・ボキューズへ行ってきました。


d0377645_23362450.jpg

こちらのお店でweddingしたカップルとその家族のpartyなんです。
お嬢その2は、ここで結婚式したんです。

「ジャルダン・ポール・ボキューズ」って聞くと、
「高級なフレンチ」っていうイメージですが
(確かにそういう面はあります)
びっくりするほどアットホームなレストランなんです。

特に、今日はここでweddingした方たちばかりだったので
みなさん何度もスタッフと打ち合わせしてたから
スタッフと、とっても親しいのです。

小さな人たちもたくさん来ていました。
みんなおしゃれして、レディーとジェントルマンでした。
背中に赤ちゃんをおんぶしてワイン飲んでる若いお父さんも何人も!
ソムリエのお兄さんは、
「お子様連れで来ていただくと、僕たちも家族が増えたような気がしてうれしいです」とおっしゃってました。
フロックコートをお召しの長身の支配人は、
常にかがんで小さい人たちと同じ目の高さでお話しなさってました。



3歳児のためのプレート
d0377645_23363197.jpg
このプレートが目の前に置かれると、3歳児は「えび嫌い!」とぼそっと言いました。
たまたま、真後ろに支配人がいて
(あらら、聞かれちゃったかな)ってみんなで気にしておりました。
しばらくして、支配人が「ほたては好き?」って持ってきてくださったんですよ。
d0377645_23363485.jpg
活きほたてが、表面だけ焼かれてました。ひゃぁ~~~




お料理は、リヨンのポール・ボキューズのスペシャリテが次々出てきました。

アミューズは「ガスパチョ」
「りんか」というトマトの味がストレートに伝わってきました。
d0377645_23363934.jpg



手長えびのナージュ(ナージュっていうのは「泳いでる」っていう意味らしいです)
d0377645_23364599.jpg
うちの家族は、みんな迷わずえびの頭を手で割って頭の味噌を吸います(笑)




活きほたて貝のポワレ
d0377645_23365763.jpg
3歳児のお皿に持って来てくださったのは、このほたてだったのね。
ソースが絶品でした。
周りの黒いのは…トリュフさま!




仔羊フィレのポワレ
d0377645_23370139.jpg
このソースもまた絶品!お肉を焼いたときのジュソースと赤ワインのソースの2種類。
王道フレンチでございました。




デザートは、ピーチメルバ(噂の宮崎農園さんの桃でしたよ)
d0377645_23370894.jpg

お嬢その2のデザートだけ遅れてやってきました。
d0377645_23371235.jpg
もうすぐお誕生日なんですよ! 彼女は大感激でした!


この後、小菓子とコーヒー。
ワインも「ひらまつセレクト」で、日本ではほとんど手に入らない美味しいものでした。


スタッフがらみのクイズやゲームも楽しかったです。

キッチンやサービスのスタッフ全員のご紹介もあって
さらに、皆さんと距離が縮まったような気がしました。



お料理は美味しいし、スタッフは温かい。
そんなにしばしばは行けない高級レストランですけど
「また来たいな」って思わせる素敵なお店です。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-27 09:00 | おでかけ | Comments(4)

えびバーグ

なんか
妙に
「えびカツ食べたいな」って思ったんですよ。
でも、カツに仕立てるほどの気力もなかったので・・・・・「えびバーグ」にしました。
d0377645_23151332.jpg

えびの下ごしらえ
殻をむいて背ワタを取ったえびに、塩と片栗粉をふりいれてもみこみます。
d0377645_23150301.jpg
これを水洗いすると、ぎょっとするほど汚い水になります。
よく水気を切れば、下ごしらえ万全です。
ブラックタイガーもバナメイエビも、ぷりっぷりになりますよ!
(あ・・・活き車エビをお買いになってる方はこんなことする必要はありまっしぇん)

このえびを、出刃包丁で粗くたたきます。
フードプロセッサーを使ってしまうと、あまりにも均一なすり身になってしまって
おもしろくないです。
ちょっときつめに塩胡椒して、えび100gにつき片栗粉大さじ1を混ぜます。
あとは、ハンバーグみたいに形を整えて弱火でじっくり焼くだけです。

えびえびしくて…美味しいです♪



大好きないちじく。
バーナーで炙りました。甘味が際立ちます。
d0377645_23150821.jpg

生ハムの切り落としをのせました。
d0377645_23151980.jpg




牛肉のサラダ。
d0377645_23152616.jpg
軽く塩胡椒して焼いたお肉に、ドレッシングをかけます。






週末は、小さい人たち一家が来ないので「オトナの食卓」です。
d0377645_23153005.jpg



今日のチーズは、ウォッシュ2種。
くっさいのですけど・・・好きなんです!
マンステールとポンレベック。乃が美のパン。
d0377645_23153513.jpg




にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-26 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(8)

白ゴーヤは2種類あるんですよ

うちの畑の「白ゴーヤ」です。
細長いのと、ずんぐりむっくりタイプの2種類があるんですよ。
d0377645_22591678.jpg

味は・・・・違いが分かりまっしぇん148.png


同じくうちの畑のパプリカ(赤、黄)とチャンプルーにしました。
d0377645_22592250.jpg
ゴーヤと豚肉って、黄金コンビだと思うのです。
この豚肉なんですけど、ちょっとだけ手をかけます。
一口大に切ったらボウルに入れて
塩、酒、片栗粉をしっかり混ぜておきます。
その後は、弱火のフライパンでじっくり焼くと・・・お肉がひとりでにばらけてくれます。
お肉は、とっても柔らかく仕上がります。


うちの畑の
  コリンキー
  じゃがいも(シャドークイーン、ノーザンルビー)
  バジル
  昆布〆めで残っていたふくらぎ(はまち)
d0377645_22594061.jpg




いつも美味しいものを送ってくださるMacさんが
「茨城の幸水梨」を届けてくれました。
d0377645_22592693.jpg

めちゃジューシーで甘いです。
そのまま食べてすごく美味しいのですけど、わかめと一緒にサラダに仕立ててみました。
d0377645_22593255.jpg
梨の甘さが魅力のサラダになりました。


Macさん! いつもありがと~~~う113.png










食卓 
d0377645_22594913.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-25 09:00 | ごはん「和」 | Comments(2)

鶏天

初めに・・・いいわけしておきます。(せこいなぁ~~~~汗)

母の検査結果を聞きに病院へ夕方行かねばならなかったんですよ。
結果は・・・・高齢なのでこの先よくなることはないのでしょうね(涙)

で、大急ぎで支度したごはんです。

下味つけておいた鶏のもも肉とせせり。
油で揚げる時間もなくて・・・・・オーブンで焼きました。
d0377645_21561702.jpg
「大分」って行ったことない憧れの地です。
いつか
湯布院とか別府とか回って、本場の「鶏天」も食べてみたいです。





にんじん4種とオクラの味噌マヨネーズディップ
雑穀米のおむすび
d0377645_21562250.jpg



食卓
d0377645_21562829.jpg

カンニンのごはんでした(;^_^A


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-24 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

じゃがいもづくし

うちの畑で育てて収穫してあったじゃがいも
光を遮断して、ダンボール箱に入れてあったのですけど
なんと!
芽が出てきてしまいました。
この夏の異常気象のせいでしょうかね?

大変!大変!
大急ぎで食べなくちゃ!

というわけで、
急遽「じゃがいもづくし」になりました!
d0377645_23533990.jpg




まずは、「アンデス」という赤皮じゃがいもを20個皮をむいて圧力鍋で煮ました。
圧力がかかったら、すぐに火を止めてOKなんですよ。
アサヒ軽金属の「ゼロ活力鍋」はすごい!



そのうちの400gをマッシュポテトにして「和のポテトサラダ」を作りました。
d0377645_23482918.jpg
マヨネーズの代わりに、お酢と塩糀使います。
おからパウダーも入れます。




さらに、500gをマッシュポテトにして「いももち」作りました。
d0377645_23514924.jpg

マッシュしたじゃがいもに片栗粉を混ぜるのです。
もっちりと美味しいですよぉ~~~~162.png


圧力鍋に残っている分で「和のヴィシソワーズ」しました。
d0377645_23531873.jpg

しっかりと昆布だしきいています。


するめいかとじゃがいものつやつや煮






「ノーザンルビー」というピンクのじゃがいも使いました。

せん切りにして10秒ゆでて明太子和え
d0377645_23533409.jpg

ノーザンルビーをマッシュポテトにして、うなぎを包んで蒸しました。
茶きんしぼりの要領で、ラップで包んで仕上げたので表面がきれいです。
蒸し上がりに「銀あん」をかけました。
d0377645_23532972.jpg







じゃがいもづくしの食卓です。
d0377645_23534591.jpg
今日は、お米は炊きませんでした(笑)


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-23 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る