人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ジューシーハンバーグ定食

定番中の定番
「ハンバーグ定食」です。
d0377645_22270902.jpg


この「ハンバーグ」
めっちゃジューシーなんですよ。
その理由は ・たまねぎすりおろしを混ぜる。
      ・ゼラチンを混ぜる。
      ・水を加える。
とっても簡単なことなのですが、
これだけでハンバーグの切り口から肉汁あふれ出ます!
d0377645_22271593.jpg



うちのプランターの「スイスチャード」
d0377645_22272756.jpg
サラダにしました。
d0377645_22272256.jpg



ひじきごはん
d0377645_22271994.jpg
お味噌汁も定番の「じゃがいもとわかめ」
でも、お味噌は信州の発芽玄米味噌。(久美子さんからいただきました)






食卓
d0377645_22273260.jpg
あらぁ~~~1汁2菜148.png


にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-31 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(0)

低温調理鶏もも肉&うちの畑の新たまねぎ

最近マイブームの低温調理です。
鶏のもも肉に軽く塩糀をまぶしてジッパーバッグに入れました。
これを、ボニーク(低温調理器)をセットした鍋に入れて
63度1時間加熱しました。

お肉がしっとりと、そいでもって芯までしっかり火が入っております。
d0377645_23182497.jpg
うちの畑の新たまねぎ(白&紫)を添えました。

何度か書いておりますけれど
たまねぎは、キッチンペーパーの上でスライスして30分ほどおいておきます。
d0377645_23182860.jpg
水にさらす必要はありません。
おまけに、たまねぎの「硫化アリル」は酸化した方が効能が増します。

この薄切りたまねぎを、鶏のモモ肉の上にのせて
フレンチドレッシングをかけていただきました。

しっとりの鶏もも肉に感激です。




前菜は「バイ貝」サラダ仕立て
d0377645_23184896.jpg




名残りのさつまいもをダッチオーブンで焼いて
バターとレモンで焼きました。
d0377645_23184267.jpg


文句なく・・・美味しいです!


アボカドをプロシュートで巻きました。
添えたのは「小夏」
d0377645_23183801.jpg



小さい人たちが好きなコーンスープ
d0377645_23184523.jpg


食卓
d0377645_23185323.jpg


お嬢その1が、知り合いのお庭へバラを見せていただきに伺いました。
おみやげでいただいてまいりました。
d0377645_23190227.jpg

キッチンにも1輪!
d0377645_23185685.jpg

リタイアされたご主人様が育てた4年目のお庭だそうです。
初めて伺うお宅だったのに
バラ屋敷ですぐにわかったと申しております。
お嬢は、すごいお庭を拝見して大感激でひたすらお褒めしたそうですが・・・
当のご主人様は昭和の男児だったらしく・・・・無反応だったそうです。
若い女の子が感動していたのに・・・・残念・・・・




にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-30 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(0)

ツタンカーメンえんどうごはんを土鍋で炊く方法!


うちの畑の「ツタンカーメンえんどう」です。
d0377645_23464285.jpg

紫色のさやを開くと,緑色の豆が並んでいます。
d0377645_23464645.jpg
これを、普通に「豆ごはん」に炊いて,一晩保温しておくと「お赤飯」みたいになるらしいです。
しかし
うちには「電気炊飯器」がないので
「一晩保温しておく」ことができまっしぇん148.png

それで、紫色の「さや」を煮出して、その汁でごはんを炊いてみました。
お酢もちょっと加えて煮だしてみました。(アントシアニンが反応するかなって)
d0377645_23465043.jpg
おおおぉ~~~
煮汁が紫色っぽくなりましたよ。
d0377645_23465325.jpg
では、これで炊いてみます。

d0377645_23465668.jpg
豆は緑のままですけど,ごはんは紫色に炊けました!
d0377645_23465976.jpg
古代エジプトに思いをはせて・・・美味しくいただきました!



地物の天然お造りが手に入りました。
ぶり
d0377645_23470575.jpg



ひらめは昆布〆にしたし、鰺は新生姜とねぎでたたきにしました。
d0377645_23471651.jpg
ボリュームありすぎて・・・・食べきれませんでした149.png
「づけ」にしたので、明日のお楽しみです。



同じく地物のかわはぎの「真子」
d0377645_23470322.jpg


かぶと炊き合わせました。
d0377645_23472459.jpg

なす、かぼちゃ、丸オクラを素揚げして,味噌炒めしました。
d0377645_23470921.jpg

おこうこ
きゅうりのきざみ昆布漬けと柴漬け
d0377645_23471240.jpg



手をかけた和食のつもりだったのですけど・・・・・地味145.png
d0377645_23472703.jpg




にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-29 09:00 | ごはん「和」 | Comments(0)

鮭のムニエル セージバターソース

今日は,朝からずっと出かけておりまして(と言い訳をする)
大急ぎで支度したお夕飯です。

メインは「鮭のムニエル セージバターソース」
d0377645_23282598.jpg



「ムニエル」って,簡単なお料理法に思われておりますが
実は・・・とても奥が深いです。
外側はかりっと,中はふっくらジューシーに仕上げたいです。

ふっふっふ
わたしには,強い味方のフライパンがあるのです。
お断りしておきますけど
わたしは、アサヒ軽金属の回し者ではござんせんからね。
ござんせんけど
このオールライトっていうフライパンすごいです!

油も引かずに,お魚をのせてふたをして弱火で焼くんですよ。
ぶりの照り焼きも、鮭のムニエルも・・・・超~美味しくできます!


近江町市場で,地物のムール貝買いました。
シンプルにワイン蒸しです。
わたしは、「ティオぺぺ」というシェリーを使っています。
塩も何も入れないのに美味しいのですよ。
d0377645_23283257.jpg



ムール貝の身の外し方は
片方の貝殻でくるんと・・・・とアロスのマスターに教わりました。

d0377645_23283695.jpg


こちらは、ユイガのシェフに習った「タブレ」(クスクスのサラダ)
d0377645_23284045.jpg




大急ぎで支度したごはんだったので品数が少なくて・・・・
d0377645_23285467.jpg



4歳児が「momちゃんよりもたくさん作った!」と自慢しておりました。
d0377645_23284517.jpg
すんまっしぇん148.png





にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-28 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(0)

「アスパラ祭り」絶賛開催中!

北海道のアスパラガスが美味しくて
「アスパラ祭り」絶賛開催中!です。

定番のベーコン巻き焼き
d0377645_23112005.jpg
皮をむいたアスパラガスにベーコンを巻き付けて,魚焼きグリルで焼きました。
うちのベーコンは,無添加ものなので色は悪いし固いし・・・・
安全な食品なんですけど、見た目が映えないんですよね145.png

温泉卵を添えたので「ビスマルク風」
(ビスマルクさんは、,そんなに卵がお好きやったんですかね?)


コンソメのゼリーで寄せました。
d0377645_23113049.jpg

パスタ
d0377645_23112324.jpg
生パスタ(フェトチーネ)をゆでる最後の2分にアスパラガスも加えてゆでます。
ベースは、アーリオオーリオペペロンチーノ
仕上げに、生ハムとけずったパルメジャーノのせました。





メインは、アスパラガス入りのチキンハンバーグ
鶏のもも肉をフードプロセッサーにかけて
舞茸、アスパラの根元も加えました。
輪切りにしたアスパラを混ぜて,ハンバーグとして焼きました。
d0377645_23112700.jpg
少し焼いたミニトマトをつぶしながらソースみたいにして食べました。


日曜日の大人の食卓
d0377645_23113580.jpg





もういちごも終わりかもしれないと思って4パック買いました。
プリザーブドにしました。
砂糖の分量が少ないので冷凍保存します。

にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-27 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(6)

蕎麦前なくして蕎麦屋なし!


かの池波正太郎先生はおっしゃいました。
蕎麦前なくして蕎麦屋なし」。
「蕎麦前」とは、蕎麦屋で呑むお酒のことで、
「前」とあるように蕎麦が茹で上がる前に肴をつついてお酒を1、2本呑むことです。
江戸時代には、江戸っ子の粋な蕎麦屋の習わしとされていたとも言われています。


先生の教えを忠実に守っているわたくしでございます!
d0377645_22474977.jpg

左から「こはだの酢漬け」(ピンぼけですんまっしぇん145.png
d0377645_22475309.jpg

だし巻き
d0377645_22475716.jpg


アスパラガス 蕎麦味噌添え
d0377645_22480563.jpg
蕎麦味噌は、Iさんの東京土産。
神田藪蕎麦のぴりりと辛い蕎麦味噌です。





ふるさと納税で,北海道のアスパラガスをもらいました。
d0377645_22481347.jpg

何でも先週初めの砂嵐で、道東のアスパラガスはほぼ全滅らしいです149.png

たぶんこの前に出荷された分を届けていただけたようです。
農産物って,自然の力の前には・・・・無力ですよね。
農家の方々のご苦労を思って,感謝していただきます!

ワインのコルクぐらいのぶっとい立派なアスパラガスです。
d0377645_22481677.jpg

ピーラーで皮をむいて、その皮と一緒にゆでました。
d0377645_22482045.jpg
↑シンプルに
ゆでたアスパラガスに,蕎麦味噌つけていただきました。
ひたすら・・・ストレートに・・・美味しい♪



焼き鳥(せせりとアスパラガス)
d0377645_22482589.jpg
太い根元まで柔らかくて,本当に美味しい♪




冷や奴
和美さんの新潟土産の「かんずり酒盗」とイタリアの美味しいオリーブオイル
d0377645_22483057.jpg

d0377645_22483572.jpg
この食べ方を教えてくれたのは「こいで」のマスターです。







ようやっと
お蕎麦にたどり着きました。
d0377645_22484150.jpg








にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-26 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

ぶりカマ塩焼き

シンプル際みないです!
ぶりのカマに塩をして焼いただけ。
d0377645_22532573.jpg
カマって,お魚の身体の中で一番脂のってる場所だと思うのです。
骨が多くて食べにくそう・・・・って言われるんですけど
骨に沿って,するっと身が外れます。



お造り用の鰺の3枚おろしを見つけたので
ゆでた細ねぎ、新生姜のせん切りとあわせました。
d0377645_22533134.jpg


ポテトサラダ
皮付きのじゃがいもを20分蒸してから皮をむいてつぶしています。
皮をむいてゆでるよりも。ほっくりした仕上がりになると感じています。
d0377645_22533938.jpg


うちの畑の大根の間引き菜
さつま揚げ、椎茸と炊き合わせました。
d0377645_22533607.jpg
偶然ですが、お箸置きも大根!



ビーガンの方々がよく作ってらっしゃる「高野豆腐のかりかり揚げ」
d0377645_22534528.jpg
黙って出されたら、お肉かと思ってしまうほどです。



乾燥舞茸と油揚げをごはんに炊き込みました。
お汁は、長いものすり流し。
d0377645_22534930.jpg



和ごはんの食卓。
d0377645_22535498.jpg


にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-25 09:00 | ごはん「和」 | Comments(2)

韓国ごはん

お嬢達が「韓国ごはん食べたいです!」って言うんですよ。

えっ!
だって何度も作ってるじゃん!って思ったら・・・・
最近のお料理教室で何度も作っているんですけど
そういえばうちでは・・・・

というわけで
ナムルをいろいろ作って
キムチとお肉を並べました。
d0377645_22312959.jpg


小さいスキレットに
もち麦ごはんを詰めて,ナムルをいろいろのせて
d0377645_22313304.jpg
温泉卵の黄身も真ん中にのせて・・・・ガスの弱火で焼きました。
d0377645_22313867.jpg



「石焼きビビンパ」ならぬ「鉄焼きビビンパ」です(笑)
d0377645_22314236.jpg



ごはんの上にあれこれのせるって・・・楽しいですよね162.png



にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-24 09:00 | ごはん「エスニック」 | Comments(6)

牛肉のタリアータ

昨日、半値になっていた分厚いステーキ肉を買いました。
すりおろしたたまねぎとオリーブオイルでマリネしておきました。

今日は、例によって「低温調理器」58度で1時間です。
その後、バターたっぷりのフライパンでじゃっと両面を焼きました。


「タリアータ」というのは「薄切り」という意味だそうです。
たった1枚のステーキ肉も
薄切りにすれば7人でも食べられます!うふふ♪
d0377645_23080276.jpg


お肉の断面を見てくださいませ。
d0377645_23080684.jpg
お肉は赤いのに,しっかりと熱が通っているんです。
低温調理バンザイ!

お皿の底には,細ねぎ炒めをしいて肉を並べました。
きのこをバターで炒めてバルサミコで仕上げたソースをかけました。
両側には、昨日作ったパプリカのエスカリバーダを並べて
削ったパルメジャーノ・レッジャーノのせました。


このパルメジャーノを削ってくれたのは4歳児です。
d0377645_23081197.jpg
上手に、くるんと長く削ってくれました!

削るそばから,2歳児が手を出して食べてしまうんですよ(笑)




あとは、うちの野菜のサラダ
d0377645_23082067.jpg



キッチンにアルもん「ミネストローネ」
d0377645_23082378.jpg


順序が逆になりましたが
今日の前菜は,もちろんピッツァ3種。
d0377645_23081754.jpg





お買い物へ行かずにごはんの支度をしたので
お皿の力を借りました。
d0377645_23082701.jpg

お嬢たちは「momちゃんマジック!」と言うてくれました(爆)

にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-23 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(6)

ピサラディエール(アンチョビ・飴色たまねぎ・黒オリーブのピザ)

フランスのピッツァを2種作ってみました。

イタリアのピッツァとの違いは,トマトソースを使わないことです。


まずは、南仏の「ピサラディエール」
飴色になるまで炒めたたまねぎとアンチョビ、黒オリーブのピッツァです。

もう一つは、「タルト・フランベ」
フランスは,アルザス地方のピッツァです。
チーズは、フロマージュブランを使うことが多いようなのですが
そんなの手に入らないので・・・・・サワークリーム使いました。
薄切りたまねぎとベーコンです。
d0377645_02111482.jpg

飴色たまねぎは
キッチンにiPadを持ち込んで
小栗旬さんの「BORDER」をAmazonPrimeで見ながらやったので
1時間ぐらい・・・・全然退屈しないでできました!
d0377645_08454663.jpg



もう一つ
タルト・フランベのバリエーションで「りんご」バージョン
d0377645_02112437.jpg


焼き上がりに「はちみつ」かけて食べます。


誰か帰ってきたら
250度で10分焼いて仕上げようと思っていたら
あらら
みんな「ごはんいらない」そうで・・・・

えっ!↑このピッツァどないすんねん?



小さい人の家族も
2歳児がお熱出たそうで・・・今晩は来ないそうで・・・・




ほたてのジェノべーゼ焼きもしたし
d0377645_02112777.jpg

パプリカピーマンを黒くなるまで焼いて
皮をむいてマリネにしたし(エスカリバーダ)
d0377645_02113110.jpg






とりあえず
お風呂入って
「BORDER」の続きを見ようっと・・・・・・







にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-22 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(8)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る