人気ブログランキング |

タグ:バジル ( 6 ) タグの人気記事

トマト&バジルすき焼き

キッチンが・・・・・破壊されてしまいました148.png

頼みの綱は、カセットコンロさまだけです。
d0377645_23463580.jpg






トマト&バジルすき焼きしました。



まずは自慢!
うちね、まだこんなにバジルが元気なんですよ。
d0377645_23194738.jpg

バジルは、寒さに弱いのでこの季節ではとうてい無理のはずなんです。
でもね、えっへん(どや顔)
お昼間はお日様にあてて、夜間は屋内に入れて…大事にしているんです。



このバジルとお肉。
d0377645_23201013.jpg

そして、トマトとたまねぎ。
d0377645_23201565.jpg

これが、今日の具材です。
d0377645_23195663.jpg


キャベツとわかめのサラダ
d0377645_23200059.jpg


〆は、生パスタです。
d0377645_23202056.jpg


たったこれだけのごはんだったのですけど
準備が大変でした。
洗面所でお野菜を洗って切って、リビングでお鍋しました。
お片付けも、洗面所で洗いものして・・・・
キッチンがないとこんなに大変ってしみじみ思いました。

もっと感謝すべきでした。(反省)





第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
料理・お弁当部門に応募します。



by t_hcmoto | 2018-11-28 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(6)

バジル入り「ジンギスカン」

ラム肉を見つけました。
d0377645_23293925.jpg
北海道では、普通にスーパーのお肉売り場に「ラム肉」が並んでいるらしいですね。
こちらでは、そんなことはめったにありませぬ。

久しぶりに見つけたので、即「買い!」
ジンギスカンいたしましょう!

わたしは、昆布のお仕事で何度も北海道へ伺っているのですけれど
ジンギスカンは・・・・現地で一度も食べたことないのですよ145.png



でも、数年前にJが「ジンギスカン鍋」を買ってくれました。
d0377645_23300281.jpg

内地のご家庭で(わたしは内地のヒトです)
ジンギスカン鍋をお持ちの方って・・・そうそうないでしょうね。

とにかく、北海道人のJのご指示を守っております。 
その1 テーブルには新聞紙を敷き詰めるべし!
その2 カセットコンロは,アルミホイルでガードすべし!
その3 野菜類は、すべて同じ大きさに切りそろえてボウルの中で混ぜるべし!
その4 たまねぎ、キャベツ、もやし、ピーマンは必須!
その5 肉は焼く。野菜は、肉の焼き汁で煮る感じ!

へぇ~~~~い!了解でございます!


お肉の下味は、
りんご(すりおろし)、自家製醤油糀、島根の「吉田ふるさと村」の焼き肉のタレを混ぜています。
d0377645_23293525.jpg

醤油糀のおかげで、お肉が柔らかくなります。
d0377645_23294446.jpg

いろいろ野菜・・・大盛り150.png (これがね、最終的には全部なくなってしまうんですよ)
d0377645_23295766.jpg
Jは「ピーマンを入れるべし」と言うてはったんですけど
今回は、うちの「バジル」混ぜました。

ラム肉とお野菜の比率は・・・・こんな感じです。
d0377645_23294927.jpg



では、いきます!
まず、ジンギスカン鍋を熱くしてココナッツオイルをなじませて、野菜をてんこ盛りします。
d0377645_23300629.jpg

しばらくすると、野菜に火が通ってしんなりとカサが減ってきます。
鍋の縁に落ちてくるんですよ。
そこで、空いた真ん中にラム肉をのせます。
d0377645_23301192.jpg

ラム肉のたれが、鍋の縁に落ちていって
そのたれで野菜が煮えるんです。
すごい湯気が立ちます。
d0377645_23302119.jpg


さあさあ、急いでビールです。(ヱビスです)
d0377645_23302678.jpg
サッポロクラシックなんかあるといいんですけど
北海道限定ビールですからね。

d0377645_00023129.jpg

野菜→ラム肉→野菜→ラム肉・・・・・と繰り返してわしわしといただきました。





〆は、バジルつながりで生フェトチーネ。
d0377645_23303097.jpg

d0377645_23304244.jpg



あ~~~美味しかった162.png





こういうジンギスカンって、北海道の方々がごらんになったら・・・・あきれはるかも148.png
hitoshiさん・・・ごめんなさい。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-10-21 09:00 | ごはん「和」 | Comments(6)

バジルとトマトの牛肉巻きしゃぶ

いつも帰りが遅いお嬢その1が、午後からお休みでした。
それで
「お夕飯に何か食べたい系ありますか?」と尋ねましたところ 
即答で「お鍋!
えっ!この暑いのに!



それでは・・・・軽めの「しゃぶしゃぶ」なんぞいたしましょう!

夏のお鍋ですので…バジルとトマトを使いましょう!

d0377645_23400875.jpg


牛肉に巻いて「巻きしゃぶ
d0377645_23401311.jpg


これを、昆布だしに入れて
表面の色が変わったくらいで引き上げます。
牛肉ですので、半生くらいが美味しいです。
d0377645_23404160.jpg


湯豆腐用の網が便利でした。
d0377645_23402070.jpg


ポン酢には、オリーブオイルを垂らします。
d0377645_23402317.jpg
だんさんは、にんにくのみじん切りも入れてました。パンチききます!


このポン酢に、お肉をつけてあんぐり!
d0377645_23404731.jpg

お口の中で、バジルのスパイシーさとフルーツトマトの甘味と酸味が混ざります!
美味しい110.png








この夏は、本当に暑くていろんなハーブがヘロヘロになっています。
ところがなぜか! バジル元気です!
プランター育ち。
d0377645_23495172.jpg

花壇の隅の地植え。
d0377645_23494859.jpg

なんと!まだこんなに立派な苗も残っています。。
d0377645_23495665.jpg

「ほうれん草のソテー」みたいに「バジルのソテー」食べています。
緑黄色野菜ですよね!




今日のお料理教室でも「ジェノベーゼ(バジルのペースト)」作りました。
うちの自慢の無農薬バジルですから・・・・絶対に安心です。

今日いらしてくださったのはKAYOKOさんです。
毎月欠かさず来てくださいます。
おうちで、本当にたくさん再現して作ってくださっています。
今日ちょうだいした感動のお言葉。
「先生は、人生で会えてよかった人ベスト3に入ります」
涙出そうでした! うるうる
ありがとうございます(´;ω;`)









あとは、豆腐のサラダとじゃこ入り雑穀米のおむすび。
d0377645_23403219.jpg

d0377645_23402739.jpg


お嬢その1は大満足でございましたとさ。



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-28 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(8)

ジェノベーゼいっぱい♪

うちのバジルです。
d0377645_23011666.jpg

プランター植えなんですけど元気に育ってくれてます。
無農薬で美味しいのよね。
しかし、
虫さんたちもそのことを知ってるらしいです。

ひどい虫食いなので
いったん短く刈り取りました。
虫食いのないいい葉っぱを枝からはずして・・・・ジェノベーゼにしました。

d0377645_23012113.jpg
これで、向こう1年分はあるはずです(笑)
冷凍保存しておいて、使う度に冷凍庫から出し入れしています。
そうすると、酸化して「変色」する心配もありません。


バジル葉、くるみ、オリーブオイル・・・・・500gずつです。
わたしは、「塩糀」で作っています。




ですので、
今晩のごはんは「ジェノベーゼ」いっぱいです。

まずは、カルパッチョ。
地物の鰺と赤いか。
ツルムラサキとトマト。
ジェノベーゼをさらにオリーブオイルでゆるめてソースにしました。
d0377645_23012665.jpg



さざえのジェノベーゼ焼き
d0377645_23013522.jpg

いったん、殻ごと180度で10分焼きます。
そのあと、身を取り出して胆をはずし、食べやすく切って殻に戻します。
底にはエリンギを詰めて「かさまし」しました。
たっぷりとジェノベーゼをのせて、さらに5分焼きました。




冷奴
男前豆腐に、プチトマトとジェノベーゼです。
d0377645_23013276.jpg



いわしのたまねぎマリネ。
d0377645_23012963.jpg







バジル香る食卓になりました。
d0377645_23014425.jpg

お料理がしょぼい時は、器で「はったり」です!
ウェッジウッドのフロレンティーンターコイズは「家宝」なんです。
少しずつ買い足してきました。
しばらく、製造中止になっていたみたいですがまた新しいのが出るらしいです。
ワクワク162.png



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-08-07 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(10)

トマト&バジルすき焼き

「米沢牛」というのをいただきました♪
d0377645_23201691.jpg
「すき焼き用」って書いてあったので・・・・やっぱ「すき焼き」でしょ!


いいお肉です(むふふ)
d0377645_23202989.jpg

お供は、こちら。
d0377645_23203329.jpg

うちは「関西風」なので、まずお肉を焼きます。
d0377645_23204856.jpg
今日は、Lodgeのスキレット26cm使いました。

「登志子屋のタレ」で味付けします。
d0377645_23203860.jpg
エラそうに「登志子屋のタレ」とか言っちゃいましたけど
お醤油、レモン汁、お酒、砂糖が「250cc:小さじ1:大さじ1:90g」を煮たてたものです。
忘れないように、タッパーに分量のシールはってあります↑
常時、冷蔵庫に入っております。


ひとわたりお肉を食べたら・・・・
d0377645_23205733.jpg

トマト&バジル&たまねぎって・・・テッパンの組み合わせでございますよ。
そこに醤油ベースのタレですから・・・美味しいに決まっております(^^♪







あとは冷奴だけ。
d0377645_23202314.jpg
アボカドとかに身を混ぜたものを、男前豆腐にのせました。
食べる時に、お好みでオリーブオイルとお醤油をかけます。




食卓
d0377645_23204412.jpg




〆は、リングイーネ。
d0377645_23324566.jpg



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-07-23 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(6)

ふくらぎの塩〆サラダ

「ふくらぎ」・・・・「ぶり」の小さいのです。
金沢では「ふくらぎ」と呼ぶのですが
全国バージョンでは、はまち、わかし、つばす、いなだ・・・・

ぶりに比べて脂ののりも薄くて・・・あんまり手が伸びなかったのですけど
「塩〆」っていう手法を習ってからよく買うようになりました。
お手本は、いつもの「なおさん」です。
今日も、ふくらぎにたっぷりの塩をまぶして
キッチンペーパーに包んで、さらにラップに包んで・・・冷蔵庫で2時間ぐらい寝てもらいました。

それをそぎ切りにして、うちのバジルと畑の紫たまねぎをのせてサラダ仕立てにました。
   
d0377645_23514513.jpg

カプレーゼ
   
d0377645_23514005.jpg

ポテトサラダ
   
d0377645_23514241.jpg
きくち正太さんの作り方を習ってから
ポテトサラダのきゅうりは、塩糀に漬けたものを加えています。
きゅうりがしゃっきりなんですよ。

食卓
   
d0377645_23513868.jpg



最近、パンを買わなくなりました。
Jが送ってくれた「キタノカオリ」という強力粉で焼いています。

この「キタノカオリ」という強力粉は、
パンに仕立てると、名前の通り「香りが高い」のです。
1次発酵まではホームベーカリーさんにお願いしているのですけど
ホント!美味しいのです♪
   
d0377645_23514804.jpg
今日は、くるみとプルーンを入れて焼きました。
「朝食べると、おなかモチがいい!」とみんな言うております。






〆は、昨日の「鹿の赤ワイン煮」をソースに見立てたパスタ(生フェトチーネ)
   
d0377645_23513597.jpg



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-06-02 09:00 | ごはん「洋」 | Comments(5)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る