人気ブログランキング |

タグ:蕎麦前 ( 4 ) タグの人気記事

充実の蕎麦前!

不定期開店の蕎麦処「登志子庵」

以前から申しておりますが、「蕎麦前」が充実しております。
たぶん
店主が酒飲みだからなんでございましょう。
d0377645_23363911.jpg




実は、今日の畑の収穫に「紅くるり大根」がありまして・・・・1種の「辛み大根」です。
では、「お蕎麦にいたしましょう!」という展開でした。
d0377645_23371599.jpg
またもや・・・巨大ズッキーニ148.png


ブルーベリーもたくさんできました!
d0377645_23405871.jpg





というわけで・・・・
定番の「板わさ」
d0377645_23364408.jpg


酒盗冷や奴(オリーブオイル)
d0377645_23364991.jpg


だし巻き
d0377645_23365295.jpg


鰺(青しそ、新生姜)
d0377645_23371810.jpg



生麩の照り焼き(ごま、粟)
d0377645_23365698.jpg
お嬢は、「端っこが美味しい!」と申します。
味が違うんですかね?



蕎麦屋風焼き鳥
d0377645_23370024.jpg
鶏のもも肉とせせり。そして・・・・ズッキーニたっぷりです!




で、ようやっと「お蕎麦」
d0377645_23372286.jpg
紅くるり大根のおろしたのを、そばつゆにたっぷり入れていただきました!







小夏とブルーベリー
d0377645_23370401.jpg




吉田さんのお庭の「ぐみ」いただきました。
d0377645_23371009.jpg
とても赤くて美味しそうだったんですが・・・・渋かった145.png
これ・・・どうやって食べたらいいんでしょうか?


にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-06-16 09:00 | ごはん「和」 | Comments(10)

蕎麦前なくして蕎麦屋なし!


かの池波正太郎先生はおっしゃいました。
蕎麦前なくして蕎麦屋なし」。
「蕎麦前」とは、蕎麦屋で呑むお酒のことで、
「前」とあるように蕎麦が茹で上がる前に肴をつついてお酒を1、2本呑むことです。
江戸時代には、江戸っ子の粋な蕎麦屋の習わしとされていたとも言われています。


先生の教えを忠実に守っているわたくしでございます!
d0377645_22474977.jpg

左から「こはだの酢漬け」(ピンぼけですんまっしぇん145.png
d0377645_22475309.jpg

だし巻き
d0377645_22475716.jpg


アスパラガス 蕎麦味噌添え
d0377645_22480563.jpg
蕎麦味噌は、Iさんの東京土産。
神田藪蕎麦のぴりりと辛い蕎麦味噌です。





ふるさと納税で,北海道のアスパラガスをもらいました。
d0377645_22481347.jpg

何でも先週初めの砂嵐で、道東のアスパラガスはほぼ全滅らしいです149.png

たぶんこの前に出荷された分を届けていただけたようです。
農産物って,自然の力の前には・・・・無力ですよね。
農家の方々のご苦労を思って,感謝していただきます!

ワインのコルクぐらいのぶっとい立派なアスパラガスです。
d0377645_22481677.jpg

ピーラーで皮をむいて、その皮と一緒にゆでました。
d0377645_22482045.jpg
↑シンプルに
ゆでたアスパラガスに,蕎麦味噌つけていただきました。
ひたすら・・・ストレートに・・・美味しい♪



焼き鳥(せせりとアスパラガス)
d0377645_22482589.jpg
太い根元まで柔らかくて,本当に美味しい♪




冷や奴
和美さんの新潟土産の「かんずり酒盗」とイタリアの美味しいオリーブオイル
d0377645_22483057.jpg

d0377645_22483572.jpg
この食べ方を教えてくれたのは「こいで」のマスターです。







ようやっと
お蕎麦にたどり着きました。
d0377645_22484150.jpg








にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-05-26 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

蕎麦処「登志子庵」

不定期開店の「登志子庵」です。

店主が酒飲みなので「蕎麦前」充実しております。
d0377645_22272489.jpg
こはだの酢〆、紅白なます、かまぼこ(梅わさ)、だし巻き、うどの皮のきんぴら


Iさんから、神田藪蕎麦の「練り味噌」いただきました。
それをちょっとだけバーナーで炙りました。
d0377645_22273061.jpg
こういうのをちびちびなめながら日本酒やるって・・・・・
酒飲み以外の何物でもないですよね(@@;)



せん切り長芋(ふきのとう味噌)、ふきとさつま揚げの炊いたん。
d0377645_22274024.jpg


蕎麦屋の焼き鳥(うど、菜花)
d0377645_22274560.jpg


今晩のお供は
d0377645_22280252.jpg


蕎麦前
d0377645_22275714.jpg




そして
ようやっとたどり着きました。
d0377645_22280733.jpg

d0377645_22280532.jpg
うちの畑の「紅くるり大根」をたっぷり入れて食べました!

にほんブログ村 料理ブログへ


by t_hcmoto | 2019-03-11 09:00 | ごはん「和」 | Comments(2)

蕎麦前ばっかり!

不定期に開業する蕎麦処「登志子庵」です。

なんてたって、この店は「蕎麦前」が充実してるんですよ。
たぶん、店主が酒飲みなんでしょうね(笑)

何度か書いておりますが
憧れは「池波正太郎センセ」です。
「蕎麦屋の昼酒」・・・・やってみたいです。

本日は、ちょっと肌寒い感じでしたので「蕎麦鍋」といたしました。
   
d0377645_10215421.jpg




昆布だしに大あさりを入れて弱火にかけます。
貝が口を開けたら取り出し、鍋のおだしに塩と白だしを足して味を調えます。
もう一つの具材は、新わかめ。
   
d0377645_10214305.jpg

これを、しゃぶしゃぶっとしていただきます。
   
d0377645_10215267.jpg

で、最後はお蕎麦です。
   
d0377645_10214500.jpg



このお蕎麦にたどり着くまでが、
酒飲みの楽しみ・・・・「蕎麦前」でございまする。

車鯛の塩吹き昆布和え
   
d0377645_10220618.jpg
白身のお造りを、塩吹き昆布の味だけでいただきました。

揚げ物は、bossからもらった「コシアブラ」と空豆と白エビのかき揚げ
わたしは、山菜の中では「コシアブラ」が一番好きです。
   
d0377645_10220217.jpg

   
d0377645_10215918.jpg


同じくbossにもらった「うるい」
   
d0377645_10220427.jpg
剣崎なんばをきかせて仕上げました。辛いよぉ~~~~!


焼き鳥
蕎麦屋の焼き鳥は、串に刺さっていませんよね。
これにも、bossの恵み「山うど」入れました。
   
d0377645_10214818.jpg



日本酒がなかったのが・・・・・敗因でございました。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
by t_hcmoto | 2018-05-22 09:00 | ごはん「和」 | Comments(8)

「食べることは生きること」をモットーに美味しいごはんでみんなを幸せにしたいです!


by 登志子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る